現在、定員に達した為、エントリーを締め切っております。

未入金キャンセル枠の追加エントリー開始:2019年8月17日(土)正午~


ようこそ「いなヴェロ」へ!

2019年10月27日(日)第4回大会開催!

 ツアー・オブ・ジャパンいなべステージでお馴染みの三重県いなべ市を舞台として、今年も 「DENSO Presents いなべヴェロフェスタ2019 with KINAN Cycling Team(略:いなヴェロ)」を開催!

今年から受付/スタート/ゴールが「北勢市民会館」に変更となります!ご注意ください。


シクロワイヤードさんの2018大会実走レポートは下記のリンクより!


いなヴェロが目指すのは、「みんなに優しいロングライド」

 

いなヴェロは、日本中探しても珍しいロングライドイベント。距離、コース、立ち寄るポイント、食べるもの…

全てあなたが決める、 「あなただけのコースで走るロングライド」です!

全てのチェックポイントを周ると、総走行距離約75km~100kmとなりますが、どのポイントに行くかは自由です。ゆっくり進んで、1か所だけしか行かなくても大丈夫です。

十数か所のチェックポイントのうち、5か所はエイドステーションを兼ねていますので、そこに留まっていなべの食を食べ続けることもできます。そう、このイベントは言うなれば「自由気まま食べ放題ロングライド」です。

 

当日はエイドステーションとなる洋菓子店や、飲食店などから多くの料理が提供されます。

お店の方にも頑張っていただき、いなヴェロ用の特製メニューを作っていただいている店舗も。いなべの食をたっぷり味わってください。

 

エイドステーション一覧はこちら ←クリック!

 


<メディア紹介記事>

いなべヴェロフェスタについて産経デジタル・サイクリストさん、シクロワイアードさんにご紹介いただきました!

サイクリスト 掲載記事

シクロワイアード 掲載記事

 

毎年、開催の様子をサイクルジャムさんに取材していただいています!

いなべヴェロフェスタ 取材レポート(2016~2018まであります)

「いなヴェロ」ルール

※とてもゆる~いルールです。

 

1・決まったコースはありません。

2・好きなルートでエイドやチェックポイントを目指す。

3・好きなタイミングでゴールに戻る。

4・交通ルール・マナーを守る。

 

どうでしょう?守っていただけそうでしょうか?

こういったゆる〜いライドイベントです!

 

よくあるロングライドイベントとは異なり、すべての距離を完走する必要はありません。 

※したがってこのイベントには、遅い人を回収する回収車もありません。

※自動車にサインを出して安全に追い抜かしてもらうなど、シェア・ザ・ロードの精神でイベントにご参加ください。


2018ツアー・オブ・ジャパンでの総合優勝や、全日本選手権での優勝など、国内最強のロードレースチームである、キナンサイクリングチームの全面協力により、選手とも一緒に走れます!

2019年はシーズン終わりということもあり、例年より多くの選手が参加予定。

一緒にエイドで食事を楽しんだり、坂を上ったり、トレインを組んで走ったりと交流を楽しんでください!

 

いなヴェロの楽しみ方

市内の色々な場所に「チェックポイント(CP)」があります。(14か所)それぞれのCPで、『リストバンド』を集めましょう!スタートと合わせて全部で15本です!

※CPは毎年少しづつ変わっています!どこになるかお楽しみに!

※CPでも食事が提供される場所があります。(数量限定)

 

全てのバンドが揃わなくても、メイン会場へ戻ってきた際に、訪れた数を記載した完走証を発行します。体力やレベルに応じて、お気軽にチャレンジしていただけます。決まったコースはありませんので、CPをめぐる順序は自由です!

例「昨日は仕事で寝るのが遅かったから今日はちょっとしんどいな〜。エイドは1箇所でいいや。お腹いっぱい食べてお〜しまい!」これで良いんです♪

 

全てのチェックポイント走破を目指すも良し。食べるに重点を置くも良し。ご家族でもグループでも個人でも、ご自分のペースでゆっくりサイクリングを楽しんでください。この機会に「いなべ」の良さを思う存分ご堪能ください!